ソナタ ト短調 作品2-11(T.アルビノーニ/渋谷圭祐 編曲)【クラリネット四重奏】

商品番号:NEC-073(楽譜セット)/NEC-073s(フルスコアのみ)

 

¥4,620

  • 0.2 kg
  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲情報

Sonata in g minor Op.2-11

作曲:T.アルビノーニ (Tomaso Albinoni)

編曲:渋谷圭祐 (SHIBUYA, Keisuke)

演奏時間:8'30"

グレード:4

 

フルスコアのみの販売も行っております。

演奏:Quartet I's(カルテット・アイズ)



楽曲解説

トマゾ・アルビノーニ(1671-1751)はバロック時代後期にヴェネツィアで活動した作曲家です。彼の作曲した多くのトリオ・ソナタ集や協奏曲集は出版され、この類の作品はアマチュア演奏家の間で人気があったようです。この曲は1700年に出版された〈5声のシンフォニアと協奏曲集〉作品2の第11曲として収められています。形式は緩-急-緩-急の4楽章の典型的な教会ソナタで、コレッリのトリオ・ソナタの様式を踏襲しています。

 

演奏にあたっては、強弱やアーティキュレーション、装飾(tr./トリル)は編曲者からの提案(ただし楽譜上で[piano]と表記している箇所はオリジナル)ですので、表記を参考にしつつも「良い趣味」で自由に考えて演奏してみてください。トリルは原則1つ上の音(2度上)から始めてください。テンポの速い楽章(第2、4楽章)では、アーティキュレーションの付いていない八分音符は短く演奏をお願いします。また、テーマ(フーガ主題)は楽譜上に「」で示しています。

 

最後に、楽譜制作にあたってはチェロ奏者の島根朋史氏に様々な御協力をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。


楽器編成

Clarinet in E♭ (*Clarinet in B♭)

1st Clarinet in B

2nd Clarinet in B

Bass Clarinet in B

 

*...Optional


関連商品