和田信

1977年東京都あきる野市生まれ。 1996年青山学院高等部卒業。 2001年国立音楽大学器楽科(トランペット専攻)卒業。卒業演奏会出演。 同年、東京文化会館新進音楽家オーディションに合格、同コンサートに出演。 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現尚美ミュージックカレッジ専門学校)ディプロマコースを経て、 2002年航空自衛隊に入隊。 2020年まで約18年間、航空自衛隊の音楽隊員として トランペット、ハープ、ピアノ奏者及び作編曲を担当する。

 

作曲の功績等により防衛省より第3級賞詞及び防衛功労賞を2度受賞する。 2008年から2018年まで、マーチングブラスアレンジャーとして、京都にある一般マーチングバンド〈TONAN Marching Band The Gryphons〉のショーに長年携わる。 2020年11月に航空自衛隊を退職し、現在フリーランスとして活動中。

 

トランペットを北村源三、津堅直弘の両氏に、ハープを三浦三枝子氏に、 作曲を矢部政男、中橋愛生の両氏に、指揮を新田ユリ氏に師事。

主な作品: 2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ《行進曲「希望の空」》、 2014年:航空自衛隊60周年記念行進曲《行進曲「蒼空」》 第23回「21世紀の吹奏楽“響宴“」選出《インフィニティ〜ブルーインパルスの為に》、 《Shalom》《バラード》その他、作編曲作品多数。 


吹奏楽作品