Bell Music Press


10分間のジャズ奏法ウォーミングアップ《吹奏楽版》

ジャズ(スウィング)をきちんと演奏するためには、アーティキュレーション、音価、ダイナミクス、フレージングを演奏者が共通認識を持って演奏することが大切です。このジャズのためのウォーミングアップ教本はもともとビッグバンド用に出版されていたものを吹奏楽用に編成を拡大したものです。ジャズに初めて接するバンドはもちろん、慣れ親しんでいるバンドであってもこのウォーミングアップにより、よりスウィング感を統一することが出来ます。ジャズを演奏したい吹奏楽団のマストアイテムです!

10分間のジャズ奏法ウォーミングアップ《吹奏楽版》

8,800円(税込)

オリジナル作曲(ビッグバンド版):ジム・マハフェイ

吹奏楽編曲:和田信


ジブリ・イン・ジャズ

ジブリ映画の名曲をジャズのテイストで ― このコンセプトによるビッグバンド編成のアレンジが大ヒットしています。今まで無かった斬新でカッコいいアレンジ。そして中学生や高校生のクラブ活動として完全に定着した感のあるビッグバンド。そこに老若男女問わずに親しまれているジブリの名曲を当てはめてみると、大ヒットするのが理解できるというものです。

 

赤塚謙一によりビッグバンド用にアレンジしたジブリの名曲を、吹奏楽でも同じようなスタイルで演奏してみたいという声が上がってくるのも、これだけカッコいいアレンジであれば当然のことといえましょう。

 

渡部哲哉によるこの吹奏楽アレンジは、赤塚謙一のオリジナルに忠実に、そしてビッグバンドで演奏する際のジャズのテイストを失わないように行われており、ジャズのテイストに吹奏楽特有のシンフォニックな響きを加えた、これまでにない素晴らしいアレンジに仕立てられています。


Japanese Sounds in Jazz

ビッグバンド用の「日本モノ」アレンジ集、Japanese Sounds in Jazzを吹奏楽用に再アレンジ。オリジナルのビッグバンド版のイメージを壊すことなくアレンジされています。 また、単にビッグバンドのアレンジにない楽器に音を割り振るようなものではなく、「ジャズっぽく」サウンドするように考え尽くされています。 よく知られている、そして流行すたりのない選曲は、どんなバンドでも気軽に取り上げることができます。アドリブもありますが、参考演奏の記譜がありますので、それを演奏するだけでも十分カッコイイ! 是非、バンドのレパートリーに加えてみて下さい。

参考音源

Japanese Sounds in Jazz Vol.1

 

収録曲:女の子は誰でも / 妖怪人間ベム / ちゃっきり節 / はじめてのチュウ / キューティーハニー / お江戸日本橋 / 赤いスイートピー / ルパン三世のテーマ(2011 Action Version) / (ボーナストラック)ひょっこりひょうたん島

 

※吹奏楽編曲の基となったビッグバンドアレンジです。

 


太田朱美ジャズ・フルート・アンサンブル

太田朱美プロフィール

鳥取県米子市出身。幼少よりピアノを演奏する。オーディオ機器に精通する父親の影響もあり、さまざまな音楽に触れる機会を持つ。中学より吹奏楽部に入部し、初めてフルートを手にする。広島大学に進学後は、ジャズ研究会に所属。ジョーファレルのフルートに衝撃を 受け、本格的にジャズに傾倒し始める。在学中は自らの専門である蘚苔類を研究 する傍ら、広島市内のライブハウスで演奏活動を展開。大学卒業後に東京に演奏の舞台を移し、自らの世界を広げることを決心する。

2005年、米ニュージャージーにて、ルーファスリードを迎えた河野三紀クインテット のアルバム録音に参加。

2010年に録音された、宇多田ヒカル"愛のアンセム"に、ソリストとして参加し注目を集める。

舞台、映画、ドラマの劇中音楽、ゲーム音楽等のレコーディングなどにも頻繁に参加している。

自己のバンド、Risk Factorでは、2008年1月23日、ファーストアルバム"Risk Factor"を、 2012年2月にセカンドアルバム "私を動物園につれてって"を発売。

2019年より、洗足学園音楽大学にて非常勤講師を務める。