矢邉新太郎

静岡県富士宮市出身。

98年国立音楽大学器楽学科(サクソフォン)首席卒業。同年、同大卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会、サントリーホール"RAINBOW21"デビューコンサートに出演。95年全日本ソリストコンテストに入選。98年にサクソフォン四重奏団ソレイユカルテットを結成。

 

2000年静岡大学大学院修了、福利厚生後援会長賞受賞。同年ドイツ・ドルトムントにて行われた第1回ギュスターヴ・ブンケ国際サクソフォンコンクールにて特別賞受賞。

 

ソロリサイタルをはじめ、室内楽、オーケストラや吹奏楽団、ライブハウスでのジャズ、ロックバンドとの共演など、ジャンルにとらわれない演奏活動を行っている。また世界的にも数少なく、日本国内では数人しかいないソプリロ奏者としても活躍している。

 

これまでに石渡悠史、下地啓二、服部吉之、北山敦康、須川展也、田中靖人、F・モレッティの各氏に、マスタークラス等で雲井雅人、J=M・ロンデックス、E・ルソー、J=Y・フルモー、J・ルデューの各氏に師事。現在、常葉大学短期大学部講師、常葉大学附属常葉中・高等学校吹奏楽部講師、市民吹奏楽団「CANTARO WIND ENSEMBLE」音楽監督。


室内楽作品

○アンサンブル