葦辺行く雁(近藤礼隆)【金管八重奏】

商品番号:NEO-060(楽譜セット)/NEO-060s(フルスコアのみ)

 

¥5,280

  • 0.2 kg
  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲情報

"Longing for a Soldier Missed" ASHIBE-Yuku-Kari for Brass Octet

編曲:近藤礼隆 (Noritaka KONDO)

演奏時間:4'50"

グレード:3.5

 

フルスコアのみの販売も行っております。


楽曲解説

日本最古の歌集と言われている万葉集には、当時の天皇から農民まで様々な身分の作者による、全20巻4500首以上の和歌が収められています。中でも、九州沿岸の守りについた防人による歌は、教科書等でご覧になった方も多いのではないでしょうか。私は、万葉集に収録されている「葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆ」(巻13-3345)という歌にインスピレーションを得て、曲を作りました。この歌は、防人である夫を亡くした女性が作ったと言われています。「葦の水辺を飛ぶ雁の翼を見ると、夫の身につけていた投げ矢が思い出される」という内容で、防人の厳しさや残された家族の心情が感じられます。

 

曲は大きく、序章+緩急緩の4つの部分に分かれており、それぞれ「任地へ向かう重い足取り」「勇ましい防人のイメージ」「歌に描かれた女性の心情」「快速部の再現」といった場面をイメージしています。全体を通して、一つのフレーズを複数のパートで細切れに演奏することが多い曲です。練習をする際は、自分の担当するパートの内容に集中するだけでなく、曲全体を俯瞰することを意識すると良いでしょう。


楽器編成

1st Trumpet in B♭

2nd Trumpet in B♭

1st Horn in F

2nd Horn in F

1st Trombone

2nd Trombone

Euphonium

Tuba


関連商品