楽器編成で探す 

2つのヴァイオリンのための協奏曲【サクソフォン四重奏】

Concerto in D minor for 2 Violins BWV1043 for 4 Saxophones

 

商品番号:NEC-055(楽譜セット)

    :NEC-055s(フルスコアのみ)

作曲:J.S.バッハ (Johann Sebastian Bach)

編曲:吉村一哉 (YOSHIMURA, Kazuya)

演奏時間:15'00"

グレード:4.5

編成:Soprano Saxophone in B♭

   Alto Saxophone in E♭

   Tenor Saxophone in B♭

   Baritone Saxophone in E♭

フルスコアのみの販売も行っております。

楽譜サンプル(スコア/PDF)はこちら。

¥4,950

  • 0.2 kg
  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

『2つのヴァイオリンのための協奏曲』(BWV1043)は、バロック期の作曲家J.S.バッハ作曲による作品で1730年代の作曲とされています。2台のヴァイオリンと合奏部が緻密に絡み合う様子から、「音の対話」や「音の織物」と表現されることもあります。今回はサックス四重奏の編成へのアレンジなので、ソプラノやアルトのソロ・デュオがずっと続く…というようにならないよう、4つの音域のことなる同属楽器の関係を大事にしながらアレンジをしてみました。それぞれのパートが、主役なのか・伴奏なのか・合いの手なのかを意識いただければと思います。

 

第1楽章:ヴィヴァーチェ

厳粛な主題を各声部がフーガのように掛け合いをします。メロディにところどころ出てくる10度の跳躍は、痩せたりデコボコにならないようにご注意ください。

 

第2楽章:ラルゴ・マ・ノン・タント

デュオヴァイオリンによる甘いメロディを軸にした安らぎの楽章で、バリトンのシチリアーナ風の通奏低音の上によどみなく流れる綾のようなメロディが特徴です。記載されたダイナミクスは参考程度にカルテット内でバランスを調整してみてください。尚この楽章のみ、ヘ長調から変ホ長調に変更しています。

 

第3楽章:アレグロ

フィナーレらしい緊張感ある楽章です。その中にあっても曲想やダイナミクスなどに変化をもたせ、メリハリのある演奏を意識いただければと思います。



関連商品

【アンサンブル】

亜麻色の髪の乙女

(C.ドビュッシー/福田洋介 編曲/Sax.5)

【アンサンブル】

「ベルガマスク組曲」より 前奏曲

(C.ドビュッシー/福田洋介 編曲/Sax.8)

【アンサンブル】

「抒情小曲集」より

(E.グリーグ/渡部哲哉 編曲/Sax.4)

【アンサンブル】

「8つのフーガ」作品31 より

(W.F.バッハ/渡部哲哉 編曲/Sax.3)