歌劇「椿姫」コンサート・セレクション(G.ヴェルディ/小村英生 編曲)【吹奏楽】[2/22発売]

商品番号:NWC-051(楽譜セット)/NWC-051s(フルスコアのみ)

 

¥18,700

  • 0.8 kg
  • お届け日数:2~5営業日

ネクサス音楽出版では、スコアパート譜セットにおきまして、作曲者・編曲者の理想の編成でパート譜を用意し販売しております。そのため、各団体における不足分のパート譜がある場合、パート譜のコピー(プルト増し)を認めます。ただし不必要なコピーはご遠慮願います。


楽曲情報

"La Traviata" Concert Selection from an opera in 3 Acts

作曲:G.ヴェルディ (Giuseppe Verdi)

編曲:小村英生 (KOMURA, Hideo)

演奏時間:9'40"

グレード:4.5

発売日:2024年2月22日 

 

フルスコアのみの販売も行っております。



楽曲解説

G.ヴェルディの代表作のひとつである歌劇「椿姫」を演奏会用ピースとして編曲したもので、コンクールや演奏会を華やかに飾るスコアです。

歌劇「椿姫」は、パリの社交界を舞台とした高級娼婦ヴィオレッタの愛と哀しい運命を描いた人気オペラ作品で、原作はアレクサンドル・デュマ・フィスが高級娼婦マリー・デュプレシをモデルに描いた戯曲「椿の花を持つ女」。ヴェルディは、同時代に生きる女性をヒロインに据え、感情表現に重きを置いた斬新なオペラを誕生させました。ヴェルディならではの音楽的な明るさ、華やかさを感じられる作品となっています。

 

この編曲は「急-緩-急」で構成されており、10分弱の構成となっています。第1幕の「導入部」から始まり「乾杯の歌」と進行、中間部に「ああ、そは彼の人か」から第1幕への「前奏曲」と表情豊かな曲へと進み、華やかな「花から花へ」へ。最後は、第1幕1場の合唱音楽で華やかに曲を閉じます。

 

編成も少ない人数で演奏できるように配慮されています。打楽器は、311小節目からのマリンバをカットすることで4人での演奏が可能です。また、クラリネットもE♭Cl、1st&2nd B♭Cl、Bass Cl.の4人から演奏可能で、28名から演奏可能となっています。


楽器編成

Piccolo

1st Flute

2nd Flute

Oboe

Bassoon

 

Clarinet in E♭

1st Clarinet in B

2nd Clarinet in B

Bass Clarinet in B

 

1st Alto Saxophone in E

2nd Alto Saxophone in E

Tenor Saxophone in B

Baritone Saxophone in E

1st Trumpet in B

2nd Trumpet in B

3rd Trumpet in B

 

1st Horn in F

2nd Horn in F

3rd Horn in F

4th Horn in F

 

1st Trombone

2nd Trombone

3rd Trombone

 

Euphonium

Tuba

 

String Bass

Timpani

 

Vibraphone

Marimba

Snare Drum

Crash Cymbals, Bass Drum



関連商品