楽器編成で探す 
金管楽器
木管楽器            
サックス            
打楽器           
弦楽器
その他               

サクソフォン四重奏曲 第1番

Saxophone Quartet No,1

 

商品番号:NEO-013

作曲:斎藤高順 (Takanobu SAITO)

演奏時間:11'00"

グレード:3.5

編成:Soprano Saxophone in B♭(or Clarinet) & 1st Alto Saxophone in E♭

      2nd Alto Saxophone in E♭

      Tenor Saxophone in B♭

      Baritone Saxophone in E♭

スコアのみの販売も行っております。

¥7,020

  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

この曲は、作曲者が軍楽隊に所属していた時の友人「田村秀夫」氏からの勧めで作曲されました。後にその作品はサクソフォンの名手「阪口新」氏に紹介され、1952年に行われた自由作曲家協会の第1回公演にて、阪口新、田村秀夫、松平信一、荒野輝雄の4名によって初演され、その演奏はその後NHKで放送されました。

 

作曲者が27歳の時に作曲されたこの曲はオーソドックスな手法で作られていますが、独特のモダンなハーモニーが要所に取り入れられ、その作風は後に生まれる様々な作品にも生かされています。『日本で最初に作曲されたサクソフォン四重奏曲』と言うことで、日本のサックス界にとっては歴史的価値のある作品です。

 

本来この曲が作曲された時には付けられていなかったのですが、後に「サクソフォン四重奏曲 第2番」が作曲された事実がある事が判明し、今回出版するにあたってはご遺族のご了承を頂き「第1番」を付け加える事になりました。

 

この曲では、1st Alto Sax.パートは途中でS.Sax.に持ち換える指示がありますが、作曲者自身のコメントではClarinetで演奏してもいい事になっています。その際は音量のバランスに最大限注意する必要があります。難易度もそんなに高くありませんので、多くの子供たちにも積極的に取り組んで頂ければと思います。



関連商品