楽器編成で探す 
金管楽器
木管楽器            
サックス            
打楽器           
弦楽器
混合・管弦打               

スーダラ節 サクソフォン四重奏

 

商品番号:NEP-032

作曲:萩原哲晶

編曲:金山徹

演奏時間:2'50"

グレード:3

編成:Soprano Saxophone in B♭

   Alto Saxophone in E♭

   Tenor Saxophone in B♭

   Baritone Saxophone in E♭

楽譜サンプル(スコア/PDF)はこちら。

¥2,700

  • 0.1 kg
  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

1961年発売の昭和期を代表する流行歌のひとつ。青島幸男の作詞、萩原哲晶の作編曲による「ハナ肇とクレージーキャッツ」の人気のきっかけとなった曲。植木等が歌う「わかっちゃいるけどやめられねえ」「スイスイスーダララッタ~」などの歌詞や、思わず笑ってしまうような巧みな編曲で大ヒットし、翌1962年には「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ」という映画まで作られたほどです。

 

前奏や間奏にわざと外した音が使われていますが、躊躇しないで、強調気味に演奏すると面白いでしょう。この曲は音頭調の跳ねたリズムですが、[C]のサビの部分だけ跳ねていません。そのリズムの変化が面白い所ですので、切り替りがハッキリわかるようにしましょう。



関連商品