楽器編成で探す 
金管楽器
木管楽器            
サックス            
打楽器           
弦楽器
混合・管弦打  

稲穂ゆくもの ~ クラリネット四重奏のための

Swallows Over a Rice Field ~ for Clarinet Quartet

 

商品番号:NEO-036(楽譜セット)

    :NEO-036s(フルスコアのみ)

作曲:葛西竜之介 (Ryunosuke KASAI)

演奏時間:7'10"

グレード:3.5

編成:1st Clarinet in B♭

   2nd Clarinet in B♭

   3rd Clarinet in B♭

   Bass Clarinet in B♭

フルスコアのみの販売も行っております。

楽譜サンプル(スコア/PDF)はこちら。

¥4,752

  • 0.2 kg
  • お届け日数:2~7営業日

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

『季節は秋のはじめ。収穫を間近に控えた稲は、穂を黄金に輝かせ、その時を今か今かと待ちわびている。肌に当たる、少し冷たい風。夏も終わり、少しばかり寂しさを感じる。そこへやって来る燕。黄金の大地の上を颯爽と飛び回る。軽やかに飛び回るその姿は、華麗であり、またとても美しい。』

 

曲は2楽章構成である。第1楽章は秋の稲穂を描写し、第2楽章ではその上を飛び回る燕を描写した。Adagioである第1楽章「黄金の稲穂」は、全体の中でのプロローグの役割を果たし、Allegro con brioである第2楽章「飛びゆく燕(つばめ)」が本編にあたる。第1楽章は3部形式、第2楽章はソナタ形式で構成されている。第1楽章と第2楽章の対比をはっきりと出した上で、第2楽章では疾走感を出せるとより良いでしょう。


参考演奏



関連商品