「ハンガリー舞曲集」より 第1番・第3番・第10番

Ungarische Tanze  Nr.1  Nr.3  Nr.10

 

商品番号:NWC-002

作曲:J・ブラームス (Johannes BRAHMS)

編曲:渡部哲哉 (Tetsuya WATANABE)

演奏時間:8'00"

グレード:4

スコアのみの販売も行っております。

¥9,504

  • 0.65 kg
  • お届け日数:2~7営業日

!ご注意!

ネクサス音楽出版では、スコアパート譜セットにおきまして、作曲者・編曲者の理想の編成でパート譜を用意し販売しております。そのため、各団体における不足分のパート譜がある場合、パート譜のコピーを認めます。ただし不必要なコピーはご遠慮願います。

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

ハンガリー舞曲集は、ドイツの作曲家ブラームスが演奏旅行の際に魅了された「ジプシー音楽」に基づいて編曲した舞曲集で、第1集(第1番~第5番)、第2集(第6番~第10番)、第3集(第11番~第16番)、第4集(第17番~第21番)で構成されています。ブラームスはこの曲の成功で、後にドヴォルザークに「スラヴ舞曲集」の作曲をするように助言をしたという逸話もあります。

 

元は四手用ピアノ曲として書かれましたが、後に第1番、第3番、第10番はブラームス自身により管弦楽に編曲されました。今回の吹奏楽アレンジは、第1番、第3番は原曲(ピアノ版)の調そのままですが、第10番についてはブラームス自身が管弦楽用に編曲するにあたって半音上げて(原曲=ホ長調、管弦楽=ヘ長調)おり、吹奏楽アレンジでもそれに基づきヘ長調になっています。

 

基本的にはブラームス編曲版を元にオーケストレーションしていますが、一部サウンドカラーを変えるべくアレンジャー独自のものに変更しています。


参考演奏


楽器編成



関連商品