前奏曲 ト短調 作品23-5

PRELUDE in g moll op.23, No.5

 

商品番号:NWC-017(楽譜セット)

    :NWC-017s(フルスコアのみ)

作曲:S.ラフマニノフ (Sergei RACHMANINOV)

編曲:櫛田胅之扶 (Tetsunosuke KUSHIDA)

演奏時間:3'40"

グレード:4

フルスコアのみの販売も行っております。

¥5,400

  • 0.6 kg
  • お届け日数:2~7営業日

!ご注意!

ネクサス音楽出版では、スコアパート譜セットにおきまして、作曲者・編曲者の理想の編成でパート譜を用意し販売しております。そのため、各団体における不足分のパート譜がある場合、パート譜のコピーを認めます。ただし不必要なコピーはご遠慮願います。

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

セルゲイ・ラフマニノフの代表的ピアノ作品、「10の前奏曲」作品23の中の一曲です。作品番号の中では、第5番となっていますが、最初に(1901年)作曲されています。構成は、提示部・中間部・再現部の3部から出来ていて、とても解り易いです。主題は、Alla March (行進曲のように)と書かれているように、主題は1つの刻まれたリズムに乗って、提示されます。この歩みは、力強く行方を定め、歩を緩めて、中間部に入ります。テンポを落とした中間部は、ショパンにも通じた、極めてセンティメンタルな抒情性豊かな曲想の歌です。テンポを上げながら、再現部を迎えます。提示部より、一層力強く勇壮に発展して、引き締まった終結を迎えます。

 

原曲はピアノ曲ですが、この編曲では、ピアノ曲のイメージを取り払って管楽器アンサンブルとして作曲された、と云うオリジナリティ作品と考えています。主題を支える独特のリズムは、ある種ダンス的なリズムです。隊列を組んで勇壮に進むことではなく、颯爽とした踊りの姿を作ることが大切です。中間部は、曲想の流れに充分に乗った、テンポの小刻みな揺れが期待されます。この中間部でのクライマックスの構築が、この小品の頂点とも成ります。再現部のテンポは、提示部より少し前進し、勇壮なダンスの 終わりを見届けることになります。原曲は、ピアニッシモで消えて行きますが、この編曲では、管楽器のアンサンブルを強調する意味で、力強く終わっています。


参考演奏

指揮:若林義人 / 演奏:龍谷大学吹奏楽部


楽器編成



関連商品