吹奏楽のための序曲(間宮芳生)【吹奏楽】

商品番号:NWO-029(楽譜セット)/NWO-029s(フルスコアのみ)

 

¥11,000

  • 0.4 kg
  • お届け日数:2~7営業日

ネクサス音楽出版では、スコアパート譜セットにおきまして、作曲者・編曲者の理想の編成でパート譜を用意し販売しております。そのため、各団体における不足分のパート譜がある場合、パート譜のコピー(プルト増し)を認めます。ただし不必要なコピーはご遠慮願います。


楽曲情報

OVERTURE for Band 

作曲:間宮芳生 (Michio MAMIYA)

演奏時間:4'40"

グレード:4.5

 

フルスコアのみの販売も行っております。


楽曲解説

日本には「雅楽」(ががく)という、洗練された極めて独自な古い伝統を持つ合奏の音楽があるほか、各地にもっと民衆的な、神楽(かぐら)、田楽(でんがく)、風流(ふうりゅう)など、これも合奏を含んだ各種の芸能の音楽がある。

 

この「序曲」は、それあら2つの流れを集めたような内容と考えて良い。前半の闊達(かったつ)な部分のリズムの弾みと後半のゆったりし部分は、著しい対照を作っているが、後半になってもほぼ1小節ごとにゆったりした動きだが、大きく足を踏みしめて踊るような拍節管を失わずに演奏することが必要である。全体に、祭礼(さいれい)の行われる場を引き締め、気分を高めるための祭りの序曲という風に考えるのが良い。従って、Adagio部分の神楽鈴(かぐらすず)の響きは、この曲の象徴である。


楽器編成


関連商品