ジャンルで探す

暁天を渡る月の舟

Starship of the Moon Crossing the Dawn Sky

 

商品番号:NWO-055(楽譜セット)

    :NWO-055s(フルスコアのみ)

作曲:渡部哲哉 (Tetsuya WATANABE)

演奏時間:7'50"

グレード:3.5

フルスコアのみの販売も行っております。

楽譜サンプル(スコア/PDF)はこちら。

¥15,400

  • 0.6 kg
  • お届け日数:2~7営業日

!ご注意!

ネクサス音楽出版では、スコアパート譜セットにおきまして、作曲者・編曲者の理想の編成でパート譜を用意し販売しております。そのため、各団体における不足分のパート譜がある場合、パート譜のコピーを認めます。ただし不必要なコピーはご遠慮願います。

配送について

原則、5営業日以内に発送いたします。銀行振込(先払い)は、入金確認後に発送致します。なお、同じ商品を多数ご注文頂きました場合、商品の発送までにお時間をいただく可能性がございます。

送料は全国一律で500円、お買い上げ金額10,000円(税抜)以上で送料無料です。代金引換、銀行振込には、別途決済手数料がかかります。クレジット決済、銀行振込(先払い)の場合はネコポスにて、代金引換の場合は宅急便にて発送致します。


楽曲解説

とある夜、ふと目が覚めました。それは明るく輝く月明かりのせいでした。周りを見ると、普段闇夜に包まれているだけの見慣れた光景にうっすらと月明かりが照らされ、水面はその光を反射して神秘的な姿を見せていました。それはまるで別の世界へ誘われてきたかの様な想いに浸りながら、闇夜に神々しく光るその月にしばらく観とれている自分がいました。ただ何も考えずその幻想的な光景に心を洗われていると、やがて空は陽光によって白み始め、橙、青、黒のコントラストが映えるグラデーションの幻想的な姿を現し始めました。そう、そしてまた新たな1日が始まるのです。

 

本作品は、そんな月明かりが醸し出す神秘的な光景から、太陽が昇る事による暁の空へと姿を変え始めた幻想的な姿、そしてそんな光景を背に、歩みを止めることなく進み続ける凛とした月の光景をイメージして作曲しました。

 

曲は、私が長年所属していた航空自衛隊中部航空音楽隊の創設40周年記念を祝して作曲しました。中部航空方面隊の英語表記(Central Air Defense Force)の頭文字(CADF)と音楽隊(BAND)の音列をモチーフとして用い、各所に散りばめる構成としました。

 

音楽隊を月に例え、自衛隊として表には出ないが魅力的で存在感があるという姿、そんな音楽隊の更なる発展を祈念しつつ、そして全ての皆様に平和が訪れる事を心から願います。このモチーフを様々な役割・形で散りばめる事でどこまで幻想的な光景を表現できたか判りませんが、この作品を通じて少しでもこの想いが伝われば幸いです。


参考演奏


楽器編成



関連商品

【吹奏楽】

ベリーを摘んだらダンスにしよう

(間宮芳生)

【吹奏楽】

SKY SOUNDS OVERTURE

(杉本幸一)

【吹奏楽】

交響詩曲「風雲、蒼天を翔ける」

(櫛田胅之扶)